院長プロフィール:矯正歯科専門医への道

1. 誕生〜小学校時代

材木の町、大阪市大正区で生まれました

昭和山昭和の日本が高度経済成長をむかえる中、1967年4月1日、永田裕保は鉄鋼と材木の町、大阪市大正区で生まれました。市内の公共交通が、市電からバスに切り替わった頃でした。私が3才になった1970年、太陽の塔で有名な万国博覧会が大阪で開催されました。混雑していたことと初めて見たモノレールだけは覚えております。内容はかすかにしか記憶にありません。

材木橋住んでいた場所は、小林という地区で、材木屋が多くあり、私の家も材木屋でした。周辺には丸太を浮かべる運河があり、材木橋とよばれる橋が架かっておりました。
煙突から黒い煙が上がっているのが、経済発展、産業の象徴と言われた時代、今では考えられないことですが、小学校の校歌の一節に、『空いちめんの黒煙』という歌詞があるくらいでした。

地上げ大阪の西の端に位置し、海抜ゼロメートル地帯のため、台風の度ごとに洪水に見舞われたようです。そのため、何度か地上げを行い、現在の状態となっております。
今と違い、周りには背の高い建物は何もなく、写真をみると、ここはどこ?戦後復興期の日本?というような所です。

昭和山大正区で有名なものといえば、昭和山でしょうか。昭和の時代に、地下鉄のトンネルを掘った際に余る土やゴミを埋めて、盛り上げて作ったと聞いております。これが当時の昭和山の写真です。

今はこの当時と違い、緑が多くなり、区民の憩いの場となっております。

幼稚園時代

市立泉尾幼稚園に通っておりました。その当時、歩いていける距離に他にも幼稚園があり、近所の友達もそこへ行っていたので、私も行きたかったのですが、抽選に漏れたのか、申し込むのを忘れたのかわかりませんが、家から離れた幼稚園に市バスに乗って通っておりました。現在、幼稚園は2年保育もしくは3年保育ですが、どういう訳か私は1年しか通っておりません。…??

小学校時代

小学校グラウンド私は、小学校時代、無口な存在感のない子だったと思います。
通っていたのは市立小林小学校です。入学当時平尾小学校分校という名称だったでしょうか。
できたての学校で、入学当時はグラウンドが広いのは良いですが、講堂なし、プールなし、極めつけは塀もありませんでした。良いところもありましたよ。どこからでも入れるのですから・・・。

とんでもなく広いグラウンドで毎日、のびのびと遊んでおりました。鬼ごっこ、ボール当てなどしていました。2クラスしかないため、和気藹々とした良い学校でしたね。
2007年小林小学校にAEDを設置しました

小学校周辺放課後は何をしていたのでしょうか。確か学校の近所に駄菓子屋があり、そこへ集まって、おやつを買ったり、数字合わせゲームをしていたような気がします。習い事といえば、家で祖母が書道教室をしておりましたので、書道を習っておりましたが、自ら進んでではありません。今から思えばやっていて良かったと思います。
あと、そろばんも習ってましたが、これは私の頭の中から跡形もなく消えてしまい、今では全くできません。

院長プロフィール:矯正歯科専門医への道 目次

1. 誕生〜小学校時代

2. 中学・高校・大学時代

3. 研修時代〜開業へ

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ