院長プロフィール:矯正歯科専門医への道

2. 中学・高校・大学時代

中学時代

何も考えずに地元の大正中央中学校へ通っておりました。名門?迷門?よくわかりませんが、和気藹々とした小学校とは違い、とっても刺激的な学校でした。校内暴力まっただ中でしたね。グラウンドで遊んでいると窓ガラスが飛んできたり、入学式、卒業式に、警官が外で警備していたこともありましたね。授業中先生が、『今日は入りが悪いなあ〜』と嘆かれることもあったような気がします。
ちなみに、私はきっちりと前を向いて着席しておりました。それだけで、立派な行いだったようです。そんな感じの楽な学校でした。休み時間も長かったですね。だって、生徒が帰ってこないんですから・・・。

高校時代

クラスメート達と初めての受験でした。府立大手前高校へ進学しました。距離は遠く、50分もかかりましたが、すばらしい高校でした。ただ、あまりにも楽な中学時代を過ごしておりましたので、ギャップが激しく、慣れるまでしんどかったです。みんな前を向いて、話もせず、きちんとノートを取っていたのです。話しかけても、誰も相手をしてくれないのです・・・。高校時代の思い出は、冬の耐寒マラソンをしたことです。場所は大阪城の堀を走っておりました。
高校生活にも慣れ、文系理系に分かれる時期に、迷いなく理系を選びました。理由は理系の科目が好きだったからです。

歯科医を目指そうとした理由

高校卒業式進路を決断するとき、当初自分の偏差値で可能性のある大学の赤本をぱらぱらめくり、学部情報を読んでおりました。その中で、興味を引かれたのが、大阪大学工学部の発酵と、大阪大学歯学部、大阪市立大学医学部、京都大学農学部でした。

バイオと言う言葉がブームでしたし、おもしろそうな分野だったので迷いましたが、決め手は、卒業後のことでした。当時、医者・歯医者なら独立、それ以外ならサラリーマンしかないと思っていました。企業に勤めるとなると、大きな組織の中で自分のやりたいこともできず不満の残る人生になってしまうのではないかと考えました。今から思えば、起業して、独立、社長という道もありますよね。

しかし、高校生の私には、以上の様な思考回路しかありませんでした。要するに自分の力で、自分で事業を興したかったのです。幸い、手先が器用な方でしたので、それを行かせる仕事がしたいというのもありました。そして、結論が歯学部です。

当時、共通一次試験があり、二次試験の大学も1つしか受験出来ませんでした。共通一次試験は大変リラックスして受けることができたのは良いのですが、お弁当を食べてからの英語が眠くて眠くて・・・。長文の同じ所を何回も読んでいました。
結果は失敗です。合格点から大きくはずれておりました。学部の変更も考えましたが、歯医者になるとの意志が変わることはありませんでした。そこで、大学の変更を検討したのですが、だめで元々、大阪大学歯学部で一発勝負にかけたのです。結果はラッキーにも逆転満塁ホームランでした。そのようにして大学が決まりました。

大学時代・クラブ活動

奈良・谷瀬の吊り橋大阪大学に入学してからは、勉強だけでなくクラブ活動もしたい、できれば自然を満喫したいというのが希望でした。
クラブオリエンテーションの際におられた方が、たまたま高校の先輩(北池さんです)とわかり、いつの間にか入部しておりました。そのクラブは、大阪大学体育会釣部というのですが、何で体育会なのか当初わかりませんでした。
活動内容は、背中にリックサックを担ぎ、山の中(渓流班)をさまよったり、無人島やへき地に赴き(海班)、魚を釣ることでした。

キャンプ生活私は海班に所属し、近畿地方だけでなく、四国、山陰、沖縄などいろいろなところを旅しました。学生は、お金はないが、時間はあります。そこで、青春18切符を使ったり、沖縄まで2日かけて船で旅したものです。楽しかったですね。無人島では、当然お風呂もトイレもありません。都会での生活とは、全く違う生活です。最初は抵抗がありましたが、慣れとは恐ろしいもの、何ともなくなってきます。

日本最南端到達合宿での楽しみは、地元の方との交流です。沖縄の座間味諸島に行っていたときの事ですが、いつもの様に船着き場でテントを張っていましたところ、地元の方が集まってこられました。そのうちの一人が白い犬を連れておられましたが、なんと神戸から来られているとのことで、話が盛り上がり、宴会になりました。次の日、その犬がいなくなったと来られ、その方の船に乗って一緒に探しましたが、見つかりません。流されてしまったのではと、がっかりされていましたので、いろいろお話しをし、慰めたりしていました。

その後、大阪に帰り、数年が経過し、何気なく新聞に目をやりました。すると、いなくなったはずのあの白い犬『しろ』が映画の主人公になっていました。『マリリンに会いたい』という映画があったのを覚えておられますか。マリリンという雌犬にあいたいため、雄犬の『しろ』が流れの速い島の間を泳ぐお話しです。このモデルとなった犬だったのです。

歯科矯正を選んだ理由

歯学部は6年制ですが、6年生の夏までに進路を決めないといけません。国家試験に合格すれば、一人の歯医者の誕生です。しかし何もできません。そのため、どこかで修行するのです。

選択肢は2つ、大学に残るか、開業医に出て修行するか。早く開業したければ、開業医での修行が近道でしょう。しかし、私は他の人にはできない特徴のある歯医者になりたかったのです。時間はかかってもかまいません。人に負けない、自信を持てる事を極めたかったのです。

そこで、大学で研修することに決めましたが、次はどの分野を極めるかです。その当時、入れ歯に変わる治療方法としてインプラント治療が注目されはじめていました。そこで一つめの候補は、全身管理ができ手術ができる口腔外科(歯を抜いたり、口の中の手術を専門に行う)、もう一つは、自分の歯で歯の位置を変える矯正治療でした。

しかし、日本におけるインプラント治療は、開業医における臨床が先行しており、当時の大阪大学における考え方としては否定的な考えをされる指導者が多かったようです。その理由は、開業医において入れたインプラントを大学で抜くことが多かったためのようです。そこで、インプラントを学ぶのであれば、大学はふさわしくないと私は考えました。

このように、消去法により矯正が残りました。では、どうして矯正に興味を持ったのか?理由は、歯が動く・歯を動かすことができるということが、不思議でおもしろかったのです。私も歯学部に入るまで歯が動くことを知りませんでした。
また、変な位置にある歯は、咬めませんし、手入れができません。虫歯になったり、歯周病になる危険性が高いのです。となると、次は差し歯、ブリッジ、入れ歯へとつながる悪循環に陥ります。矯正治療により、この悪循環を防ぐことができるのです。
差し歯やブリッジ・入れ歯のような人工物が、自分の歯より優れているはずはありません。

また、私は、日本矯正歯科学会認定医ですが、この資格は大学で研修しない限り、資格が取得出来ません。そこで大阪大学歯学部歯科矯正学教室に入局致しました。

院長プロフィール:矯正歯科専門医への道 目次

1. 誕生〜小学校時代

2. 中学・高校・大学時代

3. 研修時代〜開業へ

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ