セルフライゲーションシステム[デーモンシステム・クリッピー C]

目立たず、痛みが少なく、早く歯が動く。快適な矯正治療

セルフライゲーションシステムでの矯正治療は、治療期間・診察時間ともに短縮でき、永田矯正歯科では矯正をはじめる患者さんの約8割がこのセルフライゲーションブラケットを選択されています。
永田矯正歯科には各メーカーのセルフライゲーションシステムを導入しており、それぞれのメリットを組み合わせて治療を行っており、患者さんからも好評です。

セルフライゲーションシステムのメリット

目立たない矯正治療

矯正治療を躊躇される方の意見で多いのが、矯正装置が目立って嫌だから。将来的にきれいな歯並びになって、機能的にも審美的にも大きな改善が見られるのはわかっていても、矯正治療をはじめる決断が出来ないポイントは目立つ矯正装置にあったのも実感としてうなずけます。
しかし永田矯正歯科ではカウンセリングに来られた患者さんの約8割がここで紹介するセルフライゲーションシステムを使った矯正治療をはじめられます。装置が目立たないという点だけとっても患者さんの悩みの解消につながるはずです。

痛みが少ない理由

従来の矯正装置は、歯に装置を接着し、ワイヤーを通して、装置とワイヤーをゴムで固定していました。このためワイヤーの張力(ワイヤーで引っ張る力)も大きく、歯にかかる摩擦も大きいため、痛みの原因となっていました。

セルフライゲーションシステムでは、装置にワイヤーの脱落を防ぐためのフタが備わっており、強く固定する必要がありません。また従来よりも弱いワイヤーの張力ですみ、装置とワイヤーは固定されていないので、摩擦も軽減され、痛みが少ないのです。

従来の装置 (上から見たところ)
従来の装置(上から見たところ)
装置とワイヤーをゴム(緑色)を引っ掛けて完全に固定するために、痛みが生じる
セルフライゲーションシステム (クリッピーC)
セルフライゲーションシステム(クリッピーC)
ワイヤーは装置の間を通すだけ。ゆるやかに固定されているため、痛みが和らぐ

歯が早く動く理由(治療期間の短縮)

ワイヤーの張力が弱く、摩擦が少ないことを「ローフォース・ローフリクション(Low-force, Low-friction)」といいます。実はこの考え方が歯を早く動かすのです。
従来はワイヤーを装置にしっかりと固定し、強い張力で歯を動かすという考え型が常識だったのですが、1990年代半ば、アメリカのデュイット・デーモン博士が「歯とその周辺組織(歯根膜・歯槽骨)は緩やかな力を加えた方が生物学的に早く歯が移動する」という驚くべき効果を発見し、ローフォース・ローフリクション実現するセルフライゲーションシステムを考案したのです。

診察時間が短縮できる理由

従来の装置 セルフライゲーションシステム

従来の矯正装置では装置とワイヤーを固定するのに、一つずつゴムでを使っていました。このゴムを止める細かい作業に時間がかかるのです。

セルフライゲーションシステムの場合は装置のフタを専用の器具で開閉させるだけですむため、調整にかかる時間も大幅に短縮でき、患者さんの負担も少なくてすむのです。

セルフライゲーションシステムの種類

セルフライゲーションシステムは、デュイット・デーモン博士によって考案されたデーモンシステムが有名ですが、材質や構造が次第に改良され、デーモン3、デーモンクリア、クリッピーCなど、目立ちにくい形状や色のものも出てきました。永田矯正歯科では最新のセルフライゲーションシステムをいち早く導入し、それぞれのメリットを組み合わせた治療も行っています。

セルフライゲーションシステムでの治療例

永田矯正歯科の豊富な治療例の中から、代表的な症例を紹介します。

症状出っ歯(上顎前突)使用装置デーモン3治療期間2年2ヶ月

1. 治療開始時
上・下ともにかなりきつい叢生で、横拡大が必須と考え、デーモンシステムでの治療方針が決定しました。出っ歯の方はほぼ抜歯が必要で、この方の場合も上の左右1本ずつを抜歯してもらいます。
2. 装置装着
抜歯後、まずは上の歯にデーモン3を装着します。デーモンシステムでは、最初に通すワイヤーがとても細いのが特徴です。ワイヤーが細いほど、痛みも少なくなります。
3. 上から4ヶ月後
4ヶ月で上の歯の抜歯部分はかなり縮まり、前突も改善してきました。
この方の場合、下あごが小さかったので、上下のあごの大きさを近づけるために下歯列は抜歯を行わず、デーモン3で横拡大を行います。
4. 上から22ヶ月後
下の歯の叢生は7ヶ月でほとんどとれました。デーモンならではの短期間です。その後上の歯の数と下の歯の数が異なるため、咬み合わせの調整を慎重に行いながら最終仕上げを完了しました。そのため一般よりも長めの治療期間となりました。

治療プラン

セルフライゲーションシステムを使った矯正治療の適用は 大人の矯正 、キッズ矯正の第2期となります。詳しくは治療プランのページをご参照ください。

治療可否の判断には診断が必要です。カウンセリングにてご確認ください。[矯正治療料金について]

こんな理由で当院をお選びいただいています。
・学会認定の矯正専門医だから安心 ・様々な矯正治療法を選択できる ・治療に帯する料金が適切
詳しくは、5つの約束ページをご覧下さい。

セルフライゲーション矯正の丸わかりサイトを開設しています

xxxxxx

セルフライゲーションシステムについてはお問い合わせも多く、更に詳しく皆様に情報提供すべく、永田矯正歯科監修のホームページを解説してご案内しております。ご参照ください。

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ