インプラント矯正

治療期間を短縮し難症例に対応する新技術。

この例では上あごの中央にインプラントを埋め込みそれを支点に歯を動かします

一般的な矯正では、ワイヤーでつながった歯と歯が、お互いに引っ張り合うことによって移動し、歯並びが整っていきます。一方、アンカーインプラントを使用した矯正治療は、あごの骨に矯正用インプラント(チタン製のネジ)を埋め込みんでそれを支点に歯を引っ張り、移動させていくという方法です。必要な歯をピンポイントに動かせますので、可動域が大変広くなり、今までは治療できなかった症例にも対応できます。

アンカーインプラントを使用した矯正治療のメリット

歯の移動効率が高く治療期間を短縮できる

インプラントを顎の骨に固定するため、常に持続的な力が作用します。その結果移動効率が高くなり、全体の治療期間の短縮につながります。

難しい症例にも対応できる

従来の矯正装置では不可能な移動が可能になりますので、従来では治療が難しかった難症例にも対応が可能です。開咬などは典型例です。

歯が持つ本来の機能と美しさを引き出せます

アンカーインプラントを使用した矯正は治療技術的な限界点が高くなるため、健康な歯を抜かずに済んだり、笑った時必要以上に歯ぐきが見えてしまう"ガミースマイル"などの改善します。

アンカーインプラントを使用した矯正治療の注意点

非常に治療技術の限界点が高い、アンカーインプラントを使用した矯正ですが、いくつかの注意点もあり、どなたにでも適応できるわけではありません。患者さんの体質によっては インプラントが適合せず、抜け落ちてしまう場合があります。また子供さんの場合基本的に適応できません。永田矯正歯科では患者様の治療負担軽減のため、カウンセリングで治療法のメリットやデメリットなどについても詳しく説明しておりますので、ご自身に適した治療法を選択していただけます。お気軽にご相談ください。

アンカーインプラントを使用した矯正の治療例

症状開咬(アンカーインプラントを使用した矯正+デーモンシステム)年齢18才性別女性

1. 初回診断時
上下の前歯がかみ合わず、口が開いてしまう開咬でお悩みの女性。開咬は矯正治療の中でも難しいとされる症状です。一般的な矯正治療では改善が不確実であることが予想されたため、外科矯正とアンカーインプラントを使用した矯正治療のご説明をしたところ、手術のリスクを考え、アンカーインプラントを使用した矯正治療を選ばれました。
2. 装置装着
あごに対して歯が大きかったため、小臼歯を抜歯し、赤○の位置にインプラントを埋め込みました。全体の矯正にはデーモンシステムを使用。インプラントを支点にゴム(黄色の部分)をかけ、歯を後ろに移動させます。
3. 装置装着から4ヶ月後
なんとたった4ヶ月でこれだけ動きました。また、上あごの中央にもインプラントを埋め込み、全体的に上のあごを圧下させています。下の歯にも装置を取り付けます。
4. 治療終盤
上下の歯が正常に重なるようになりました。インプラントを抜き、あとはかみ合わせを合わせれば終了です。ワイヤーの太さを調節し、最終微調整を行います。

※治療例はあくまでこの症例に対するものであり、症状により治療に適した装置・治療期間・治療経過は異なります。詳しくはカウンセリングにてご相談下さい。

治療可否の判断には診断が必要です。カウンセリングにてご確認ください。[矯正治療料金について]

こんな理由で当院をお選びいただいています。
・学会認定の矯正専門医だから安心 ・様々な矯正治療法を選択できる ・治療に帯する料金が適切
詳しくは、5つの約束ページをご覧下さい。

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ