マウスピース型矯正歯科装置[インビザライン・アソアライナー (クリアアライナー)]

歌手、アナウンサーにも人気の目立たず取り外せる矯正装置。

マウスピースを歯に装着することで歯が移動します

従来の矯正法とは全く異なる方法で、透明なプラスチックのマウスピースを使用する治療法です。

人前で話す機会の多い方、歌手、アナウンサーの方などが希望される事が多く、永田矯正歯科には遠方から来院される患者さんも増えています。

マウスピース型矯正治療のメリット

簡単に取り外しができる

この治療法は、食事や歯磨きの時に装置を外せるというメリットもあります。1日20時間以上装着していただきますと、歯の移動がおこります。2週間に1回来院いただき、矯正の進行に合わせて作った、透明な薄いマウスピースをお渡しいたします。
症例によっては最終の調整を従来のワイヤー装着で行う場合がありますが、ワイヤーの装着期間は圧倒的に短くなります。

ホワイトニングも同時に出来る

永田矯正歯科ではマウスピース型矯正治療の最終段階で、ホワイトニングを併用して行うこともできます。ホワイトニングには元々マウスピースを使用するのですが、マウスピース型矯正治療では矯正とホワイトニングを同時に行えるので、女性の方がこの治療法をご希望されるケースが増えています。

マウスピース型矯正歯科装置の種類

マウスピース型矯正治療には現在2種類の装置を使用しています。ひとつは「インビザライン」で1997年、アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、日本では、2006年2月より正規導入がスタートしました。
もうひとつは「アソアライナー(旧名クリアアライナー)」でこちらは日本国内で開発されました。

※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース型矯正治療の適応範囲

マウスピース型矯正治療は目立たず、外すことも出来、患者さんにとっては大変メリットの多い治療法ですが、全ての症例で効果を得る事は出来ません。治療前の診断で適応出来るかの判断を行い、ご説明いたしますが、主な適応症、適応条件は次の内容をご参照下さい。

マウスピース型矯正治療が可能な症例 マウスピース型矯正治療が行えない症例
  • 歯を抜かずに矯正治療が可能な不正咬合
  • 歯の根の移動ではなく、歯の傾斜移動で済む不正咬合
  • ブラケット(ワイヤー装置)による最終調整ができること
  • 1日20時間以上の装置装着が可能な方
  • 歯のがたつきが強い不正咬合
  • 上下のあごの位置に前後・左右のズレのある不正咬合

マウスピース型矯正治療例

症状乱ぐい年齢33才性別男性

1. 上歯列に初めての装置装着
人前でのお仕事のため、リンガル矯正(歯の裏側に装置を付ける)とマウスピース型矯正治療を検討し、発音にも影響しないアソアアライナーに決まりました。最初は浮いているような感じになり、噛み込むことで型に合うように歯が動き始めます。
2. 装置装着から4ヶ月後
奥に入っていた右上犬歯が徐々に前に出てきました。上歯列はここまでにマウスピースを1〜2週に1度のペースで取り替えています。
3. 上の写真から2ヶ月後
上歯列はマウスピースで改善中、下歯列はお仕事のスケジュール的にもブラケット装着が可能でしたので、早く治すことを目的に透明ブラケットを装着しました。
4. さらに4ヶ月後
治療開始から10ヶ月で理想的な歯列になりました。上歯列はマウスピースだけでブラケットと変わりない結果です。下歯列はガタガタも強かった為、ブラケットできっちりと早く矯正することができました。

※治療例はあくまでこの症例に対するものであり、症状により治療に適した装置・治療期間・治療経過は異なります。詳しくはカウンセリングにてご相談下さい

治療可否の判断には診断が必要です。カウンセリングにてご確認ください。[矯正治療料金について]

マウスピース型矯正治療がスマステーションで紹介されました

2008年3月1日放送、香取慎吾さん司会『SmaSTATION!』の中で「知らないと損する!?最新医療2008」と題して、金属を付けないマウスピース型矯正歯科装置として「クリアアライナー」が紹介されました。
マウスピース型矯正治療がテレビで紹介されたことについて、ブログ記事でも紹介しています。
是非ご覧下さい。

こんな理由で当院をお選びいただいています。
・学会認定の矯正専門医だから安心 ・様々な矯正治療法を選択できる ・治療に帯する料金が適切
詳しくは、5つの約束ページをご覧下さい。

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ