矯正治療例一覧

永田矯正歯科の豊富な矯正治療実績の中から、日本人に多い一般的な症例や専門性の高い技術が要求される難症例まで様々な治療症例をご紹介します。

症例別治療例

八重歯

八重歯

八重歯(やえば)とは、歯牙が叢生した状態、特に上顎犬歯の低位唇側転位を俗称したもので、日本人の不正咬合で多い症状の一つです。永田矯正歯科でも多数の治療例があります。

詳細ページへ

乱ぐい

乱ぐい

歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪く、歯ならびがガタガタしている乱ぐいは日本人の不正咬合で多い症状の一つで、抜歯をしなくてはならない場合もあります。

詳細ページへ

すきっ歯

すきっ歯

すきっ歯は歯と歯の間に隙間が開いている状態。常に息が抜けるような状態は、聞きとりにくい不明瞭な発音になります。 虫歯や歯周病の原因にもなりますので、早期の治療をおすすめします。

詳細ページへ

出っ歯

出っ歯

出っ歯というのは俗称で、歯科の言葉では上顎前突(じょうがくぜんとつ)の症状で、上の前歯が突き出た状態。日本人多い症状の一つです。

詳細ページへ

受け口

受け口

受け口というのは俗称で、歯科の言葉では下顎前突(かがくぜんとつ)反対咬合の症状で、一般に下のあごが過度に成長して、突き出た状態です。

詳細ページへ

開咬

開咬

開咬とは奥歯はきちんと噛み合っているのに前歯だけが噛み合わず、常に前歯があいた状態のこと。指しゃぶりが長く続いた場合等によく見受けられます。

詳細ページへ

顎変形症 外科矯正

顎変形症

顎変形症とは上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔面の変形と、かみ合わせの異常を起こしている状態をいいます。外科手術を併用した矯正治療が必要とされ、永田矯正歯科では独自の専門医ネットワークと連携して治療にあたっています。美容整形でないと改善できないと思っていた症例でも、保険適用の治療が出来る場合があります。

詳細ページへ

口唇口蓋裂 外科矯正

口唇口蓋裂

口唇口蓋裂をお持ちの方の場合、矯正治療は保険適用となります。形成外科と連携した治療となり、矯正治療と分けて治療にあたります。永田矯正歯科では独自の専門医ネットワークと連携して治療にあたっています。

詳細ページへ

初診予約・お問い合せ

初診相談のご予約、初診予約の受付状況については診療日カレンダーをご確認の上、お電話でご連絡ください。初診でご記入いただく問診票を事前にご準備いただけます。

ページ上部へ